PAGE TOP

ペットの高齢化ペットの高齢化ペットの高齢化

はじめに
犬や猫には、お尻に肛門のう(=肛門腺)という臭いにおいを分泌する器官があります。
みなさんはこんな経験はないでしょうか?
犬や猫が怒ったあとに原因が分からないけどとても臭かったり、何かの拍子に驚いてそのあと臭かったり、あるいは嫌なことを無理矢理したために暴れてその後臭かったりと…そうこれは、お尻から出した分泌液のために臭かったのです。
肛門のうの分泌液は通常、排便時に便と一緒に少しずつ放出されます。
しかし、この肛門のうに分泌液が貯まることがあります。
原因ははっきり分かりませんが性格が穏やかだったり、体質が関与していたりするようです。
そして、肛門のうに分泌液が貯留することで病気を起こしたり、著しい不快感を起こしたりすることがあります。