PAGE TOP

 避妊・去勢手術 避妊・去勢手術 避妊・去勢手術

避妊・去勢手術は本当に必要?
近年飼い主様の飼育への意識が高く男の子も女の子も避妊、去勢手術を受けることが一般的となってきました。
通常男の子を去勢手術、女の子を避妊手術といいます。
避妊、去勢手術の良い点は、子宮蓄膿症や乳腺腫瘍、前立腺の病気を予防できるなどです。
一方、悪い点は、繁殖が出来なくなったり、太りやすくなったりすることがあります。
また、全身麻酔が必要となるため、わずかではありますが、動物に負担をかけるなどあります。
当院では、良い点悪い点を踏まえた上で、本当に避妊、去勢手術が必要であるかを飼い主様にご判断いただき、希望を踏まえて決めていきます。

避妊、去勢手術の流れ・タイミング

一般的には犬や猫も生後6か月程度が良いと言われており、病気の予防効果も早期であれば高いと言われております。

  1. STEP1

    身体検査と問診(生活環境、生活)、血液検査を行い手術
    不安や疑問などございましたら、遠慮せずお聞きください。
  2. STEP2

    手術前日
    夕方以降は食事をあげないでください。
    食事も消化に悪いものはあげないようにしてください。
    水は大丈夫です。
  3. STEP3

    手術当日

    午前中 来院

    当日の身体検査、聴診、血液検査(未実施の場合)を行います。

    お昼 手術

    当院ではより安全性の高いガス麻酔による全身麻酔を行っております。
    また手術の間は心臓や呼吸の状態をモニターし常に動物の状態を把握しながら安全に手術を行います。
    また手術中は若干痛みを伴うため、当院では動物の負担を軽減させる目的として鎮痛剤をしっかりと使用していきます。
    手術の様子

    夕方 術後の健診・退院について

    通常は、当日退院になります。
    男の子も女の子も傷口も小さいので痛みも少なく、術後すぐに歩くことができ軽い散歩もできます。
    予防手術の場合は、一晩慣れない病院で緊張して過ごすより、お家で気楽に過ごせたほうが傷の治りも早いものです。
犬皮膚縫合前
犬 皮膚縫合前
犬皮膚縫合後  
犬 皮膚縫合後
猫皮膚縫合前
猫 皮膚縫合前
猫皮膚縫合後
猫 皮膚縫合後

傷口はとても小さいため痛みも最小限です。
手術当日から元気な子が多いです。抜糸後は傷も目立たなくきれいになります。
当院では筋肉・皮下・皮膚埋没、皮膚縫合というように4重の縫合を行っております。
皮膚縫合を行う前の段階で既に皮膚が密着していますので、より傷が目立たなくなります。

≪参照:当院のプーラちゃんの避妊手術経過 抜糸時(手術後10日)・抜糸後10日≫

避妊・去勢手術の利点と欠点